スポーツはどこへ行くBACK NUMBER

慶應高・森林監督と62人の部員達。
甲子園が失われても「次の一歩を!」。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byManami Takahashi

posted2020/05/22 17:00

慶應高・森林監督と62人の部員達。甲子園が失われても「次の一歩を!」。<Number Web> photograph by Manami Takahashi

慶應義塾高校野球部の皆さん。最前列右端が森林監督(2019年夏に本誌取材時)。

「『次の一歩を踏み出しました!』という……」

 ――甲子園が中止となった今、選手に連れていってほしい場所はありますか?

 電話口の森林が「連れていってほしい場所……」と、反芻しながら思考を巡らせる。

 声が、少しだけ弾んでいるような気がした。

「今年に限った話ではないかもしれませんが、『次の一歩を踏み出しました!』という、それぞれの場所を見たいですね。これまでの積み重ねのなかから、彼らなりに答えを出していると思うんです。代替の試合に向けて練習を全力でやる。高校の借りを大学で返す。野球に一区切りをつけて司法試験を目指す。見聞を広めるために海外留学の準備を進める。

『辛い経験を乗り越えたんだから、絶対にこれからの人生に生かそう』と、前向きに進んでくれていると信じていますから。共通の夢である甲子園には行けませんでしたけど、僕は彼らのファンとして、次の夢を一緒に追い求めたいし、そこに向かって走り続けるための手助けをしていきたいですね」

 慶應の選手には心強いファンがついている。だから今日も、心から野球に感謝し、楽しむことができる。

 あなたの次の夢は何ですか?

 そう尋ねられたとき、彼らはきっと満面の笑みで自分を誇る。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4
慶應義塾高校
森林貴彦
上田誠

高校野球の前後のコラム

ページトップ