SCORE CARDBACK NUMBER

テニスの未来とライフシフト。
それぞれが考える、今できること。
~フェデラーも中堅選手も~

posted2020/05/16 18:00

 
テニスの未来とライフシフト。それぞれが考える、今できること。~フェデラーも中堅選手も~<Number Web> photograph by AFLO

ニューヨークにある全米オープン会場には、臨時病院が建設された。テニスもかつてない事態に見舞われている。

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

AFLO

 パンデミックが「テニスの未来」に深刻な影響を与えている。ツアーは休止となり、選手は練習場所にも不自由する。野球やサッカーなどと違い、選手を守る「チーム」は存在せず、賞金収入を失った選手たちは失業の危機に直面している。テニスに見切りをつけ、仕事を探す選手も出るだろう。

「テニスの未来」はノバク・ジョコビッチが用いた文言だ。彼は若い選手やランキングの低い選手は「テニスの草の根であり、未来だ」として、ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダル、さらにツアー統括団体などに救済基金の設立を呼びかけた。規模は当初400万ドル(約4億3000万円)以上と伝えられたが、大幅に増額される見通しだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 620文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ノバク・ジョコビッチ
牟田口恵美

テニスの前後の記事

ページトップ