Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<19歳の新たな決意>
早田ひな「パリで羽ばたくために」

posted2020/05/13 18:00

 
<19歳の新たな決意>早田ひな「パリで羽ばたくために」<Number Web> photograph by Miki Fukano

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

Miki Fukano

東京五輪を目指した挑戦は、報われなかった。悔しさをぐっと飲みこんで、ひたすら考え続けた。パリで笑うために。自分に足りないものとは何か。全日本選手権を制した19歳が出した、その答えとは。(Number1002号掲載)

 4歳で卓球を始めて以来、何度、旅支度をしたのだろうか。特にこの3年間、早田ひなは所属する日本生命レッドエルフでTリーグを戦いながら、世界各地を転戦した。

 帰国したら、また出発。オマーン、パラグアイ、ベラルーシ……。東京五輪出場条件の世界ランク日本人上位2名に入るために、規模の小さな大会にも参加し続けた。

 ラケットやウェア、日用品などとともに、スーツケースに必ず詰め込むものがある。

 可愛らしいひよこが描かれた、小さめの毛布。7歳の頃から愛用する1枚だ。これさえあれば、慣れない土地のホテルでも、心を落ち着かせることができた。

「枕やベッドは、どんなものでも大丈夫。でも、あの毛布がないとダメですね。実家の布団の匂いなんですよ。ホテルに着いたら、まず匂いを嗅ぎます。あの毛布があれば、実家での安心感を持ち歩けるんです」

 2018年に開幕したTリーグでは、初代MVPに輝いた。ダブルスでは、ワールドツアー・グランドファイナルを2度制し、伊藤美誠と組んだ'19年の世界選手権では銀メダルを獲得した。

 しかし、シングルスでは思うように世界ランクを上げられなかった。中国の強豪選手と大会序盤で当たる“悲運のくじ引き”も続いた。東京五輪への切符は伊藤と石川佳純の手に渡り、団体戦に出場する3人目の日本代表には平野美宇が推薦された。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2555文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

今だからできること。BASEBALL GOES ON

Sports Graphic Number 1002

今だからできること。
BASEBALL GOES ON

 

早田ひな
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

卓球の前後の記事

ページトップ