濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

試合激減でレスラーはどう生きる?
“絶対不屈彼女”安納サオリの肉声。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2020/04/20 11:30

試合激減でレスラーはどう生きる?“絶対不屈彼女”安納サオリの肉声。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

今年からフリーになりスター街道まっしぐら! のはずが、新型コロナ禍で試合が大幅に減ってしまった安納サオリ。その胸中は……。

DDTもノアもWWEも無観客での新たな可能性を模索。

 同じサイバーエージェントグループのDDTとプロレスリング・ノアは本格的な「無観客TVマッチ」の配信に乗り出した。

 今年はWWEの祭典『レッスルマニア』も無観客(収録)開催。アンダーテイカーvs.AJスタイルズの試合はホラー映画さながらのムードの中で“ボーンヤードマッチ”として行なわれた。戦場はリングではなく“墓場”である。試合の結末はAJの埋葬、つまり生き埋め。画面に墓標が映る。まさにWWEならではの無観客試合だった。

 観客を入れた“興行”ができないなら何をすればいいのか。ファンに何を提供し、どうマネタイズするか。業界はそこに力を入れようと模索している。

 AbemaTVも、これまでの「大会中継」とは違う形での試合の見せ方、新しい企画を考案中だという。

キャッチフレーズは“絶対不屈彼女”。

「新しい動きにしっかり乗っていける選手でありたいですよね」と安納も言う。
「どこかの団体が新しい形式の大会をやりますとなったら、そこに呼ばれる選手でありたい。無観客マッチならではのファイトスタイルとか表現の仕方だってあるかもしれないですし」

 安納サオリのキャッチフレーズは“絶対不屈彼女”という(これも三人称的だ)。プロレスラーになる前に主演した舞台の役柄からきたもので、それがレスラーとしてのイメージにもぴったり重なった。

「不屈っていうのは、負けないっていうより“やめない”って感じですかね。お芝居でうまくいかない時期に実家に帰ってたらレスラーになってなかった。

 デビュー戦で“プロレスに向いてないな”と思ったけど、そこでやめてたらチャンピオンにはなってない。

 演劇もプロレスも、やめちゃう人はたくさんいるんです。それだって勇気がいること。でも私はやめなかった。それはこれからも同じです。フリーですからね、どんな状況であっても生き延びますよ」

 やめない限りは何かある。そういう人生だったから、彼女は“安納サオリ”を信じることができるのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
安納サオリ
OZアカデミー
尾崎魔弓
アクトレスガールズ

プロレスの前後の記事

ページトップ