濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

試合激減でレスラーはどう生きる?
“絶対不屈彼女”安納サオリの肉声。

posted2020/04/20 11:30

 
試合激減でレスラーはどう生きる?“絶対不屈彼女”安納サオリの肉声。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

今年からフリーになりスター街道まっしぐら! のはずが、新型コロナ禍で試合が大幅に減ってしまった安納サオリ。その胸中は……。

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Norihiro Hashimoto

「私を取材してください
 この想いを話したいですわ。
 うずうずですねん」

 プロレスラーの安納サオリがツイッターにそう書いたのは、3月26日のことだった。この日、安納が主戦場としている団体、OZアカデミーの後楽園ホール大会(4月11日)が開催中止となった。「レスラーとしても人間としても憧れ」である尾崎魔弓と初のシングルマッチを行なうはずだった大会だ。

 新型コロナウィルスはすべての団体・選手の活動に影響をもたらしたが、安納の“ダメージ”は特に大きかったかもしれない。昨年末に所属のアクトレスガールズを離れ、フリーになった。2月から試合を再開し、さあここからという時に“自粛要請”だ。3月の試合は予定の半分に減ったという。フリー1年目、顔と名前を売らなければいけない大事な時期に、予想もつかない邪魔が入ってしまった。

 ツイッターを見てすぐにコンタクトを取り、スケジュールを合わせてインタビューしたのは4月6日、月曜日だった。緊急事態宣言の直前だ。

 この週、多くの団体が長期間の大会中止・延期を発表している。

「“プロレスのない私ってなんなんだろう”って」

 実際に会って話すと「もう気持ちを切り替えました」と安納は言った。「私、得意技が“切り替え”なんです(笑)」。

 とはいえ、不安や戸惑いが完全に消えたわけではない。

「試合がなくなったのは、やっぱりショックですけどね。試合から離れることへの恐怖はあります。“プロレスのない私ってなんなんだろう”って」

 安納は18歳で故郷の滋賀から役者を目指して上京した。

 うまくいかずに「やさぐれていた」こともあったが、そこでスカウトされたのが“女優によるプロレス団体”というコンセプトのアクトレスガールズだった。

「見られるのが好き」な安納にとって、リングという表現の場はとてつもなく刺激的だった。

【次ページ】 「こうなる前から、普段は引きこもり(笑)」

1 2 3 4 NEXT
安納サオリ
OZアカデミー
尾崎魔弓
アクトレスガールズ

プロレスの前後のコラム

ページトップ