プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

友・橋本真也と意地の真っ向勝負!
ヘビー級王者に獣神が挑んだ伝説の夜。

posted2020/04/26 19:00

 
友・橋本真也と意地の真っ向勝負!ヘビー級王者に獣神が挑んだ伝説の夜。<Number Web> photograph by Essei Hara

IWGPヘビー級王者・橋本真也と戦うため、極限まで鍛え上げられた身体を見せた獣神サンダー・ライガー。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 獣神サンダー・ライガーがWWEの殿堂入りを果たした。4月24日は獣神サンダー・ライガーがリアルな世界で初めて戦った日、つまりデビュー戦の日である。その記念すべき日から4日連続で、知られざる『ライガー伝説』を綴った短期集中連載をお送りする。第3回のテーマは「ヘビー級王者・橋本真也との死闘」。

 1994年は獣神サンダー・ライガーにとって、充実した年となった。

 この年、ライガーはIWGPジュニアヘビー級王者として、IWGPヘビー級王者の橋本真也に真正面からぶつかっていったのである。

 ノンタイトルだったが、2人は2月24日、「IWGP無差別級決戦」として日本武道館で対戦したのだ。

 この対戦が決まった時、思い出した試合があった。

 あれは……この試合を遡ること8年前の大会だった。

 1986年4月11日、後楽園ホール。新日本プロレスのビッグファイター・シリーズの開幕戦だった。シリーズ名にふさわしくアンドレ・ザ・ジャイアント、マスクド・スーパースター、上田馬之助、さらには前田日明らのUWF勢が参戦していた。

 そんな豪華なメンバーの前座試合として、山田恵一vs.橋本真也の20分1本勝負が組まれたのである。

30キロの体重差で、さて、どう戦う?

 山田は、1964年11月生まれ、1983年6月入門、1984年3月デビュー。

 橋本は山田の少し後輩で、1965年7月生まれ、1984年4月入門、1984年9月デビュー。

 21歳の山田は小柄でウェイトは85キロくらいだっただろう。一方の20歳の橋本は大きかったが、まだ115キロくらいだった。太ってはいたが、全盛期の橋本のずっしりした重圧感はまだない。

 だが、この約30キロの体重差で2人がどう戦うのかが、非常に興味深い一戦だったのだ。

 山田は1985年の第1回のヤングライオン杯では小杉俊二に敗れて準優勝だったが、1986年3月の第2回ヤングライオン杯では後藤達俊を破って優勝していた。

 当時の山田は、体こそ小さかったがプロレスラーらしい、まさにイケイケの攻撃的なスタイルを持ち味にした選手だった。

【次ページ】 まるで意地の張り合いのような試合。

1 2 3 4 NEXT
獣神サンダー・ライガー
橋本真也
新日本プロレス
山田恵一

プロレスの前後のコラム

ページトップ