卓球PRESSBACK NUMBER

史上最年少13歳で世界ツアー連勝──。
伊藤美誠&平野美宇、五輪への思い。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/04/06 20:00

史上最年少13歳で世界ツアー連勝──。伊藤美誠&平野美宇、五輪への思い。<Number Web> photograph by KYODO

女子ダブルスでワールドツアー史上最年少優勝を果たして帰国し、記者の質問に答える伊藤美誠(左)と平野美宇。

1年延期も成長のための時間に。

 その悔しさをばねに、翌年、アジア選手権で日本人選手として21年ぶりの優勝を果たし、世界選手権でも日本人選手48年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得。

 押しも押されもせぬ、日本のトップクラスの、いや世界の上位に位置する選手となった2人は、目標としてきた2020年の代表を目指し、互いをライバルとして、進んできた。

 世界ランキングをめぐる長期間にわたる戦いの末、手にしたのが東京五輪代表である。

 待ち望んでいた大会の開幕は約1年、延期となることが決まった。

 でも、6年前のあの晴れやかな日から歩んできた道のりと、そこで培ったたくましさを思えば、ここからの時間もまた、成長のための時間とするはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
伊藤美誠
平野美宇
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

卓球の前後の記事

ページトップ