欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

鎌田大地、出場減も気骨のハット。
「他の人よりは我慢できる力が」 

text by

中野吉之伴

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/02/28 11:50

鎌田大地、出場減も気骨のハット。「他の人よりは我慢できる力が」<Number Web> photograph by Getty Images

ザルツブルク戦後、長谷部誠とともに多くの現地記者に囲まれた鎌田大地。序列を覆し、再びレギュラーの座をつかめるか。

それでもチーム内競争は続く。

 そうした「プラスアルファ」を見事に出して、ハットトリックを決めたのだから素晴らしい。

 だが、余韻にいつまでも浸っているつもりはない。この日の活躍は次へのチャンスに間違いなくつながるが、鎌田のポジションを狙って虎視眈々と準備するチームメイトとの戦いは続く。右サイドではティモシー・チャンドラーが好パフォーマンスを持続させており、リーグでは4得点をマークしているからだ。

「うちはポカールも大事にしてるし、リーグ戦も余裕を持てる状況じゃないので、ここからの連戦をチームとしてみんなで頑張らないといけないと思います。上手くいくだけじゃなくて、絶対波はあると思うので。できるだけ自分自身も、良くない日でも“良くない印象を与えない”と言うか……自分のできることをしっかりやって。そうすれば、今日みたいに良い日も来るだろうし、しっかりと1年通して安定したパフォーマンスを出せればいいかなと思います」

 どの試合にも最大限の準備で臨むが、どの試合でも最高のプレーができるわけではない。上手くいかないときだって来る。だからといってそれを必要以上に怖がらずに、引きずらずに、また次に立ち向かっていく。そうやってここまで来たし、これからもその姿勢に変わりはない。

記念球を飾るつもりはもない。

 記念の試合ボールを手にしていた鎌田に、そのボールをどこに飾るのかを尋ねてみた。

「いや、初めてハットトリックしたんで、まあ、どうなんですかね? 子どもとかが蹴ってそうですけどね。飾るつもりとかは全然ないです。親とかにあげたら喜ぶかも知れないですけど……海外から日本に持って行くのはちょっとめんどくさいので。まぁ、決めてないです」

 少しぶっきらぼうにも感じさせるが、そうした自然体なあり方が彼らしさなのだろう。

 今季の残り試合すべてで鎌田がスタメン起用されるというのは考えにくい。それでもポジション争いを受け止め、その中でやれることを1つ1つやっていく。それがきっとさらなる飛躍へとつながると信じて。

関連記事

BACK 1 2 3 4
鎌田大地
フランクフルト
長谷部誠

海外サッカーの前後の記事

ページトップ