令和の野球探訪BACK NUMBER

無名右腕がMLBに受けた高評価とは?
ドラフト指名なしも、米球団は即決。 

text by

高木遊

高木遊Yu Takagi

PROFILE

photograph byYu Takagi

posted2020/02/27 15:00

無名右腕がMLBに受けた高評価とは?ドラフト指名なしも、米球団は即決。<Number Web> photograph by Yu Takagi

憧れのMLBへ、思わぬ形でスタート地点に立った冨岡聖平。不遇の大学時代を経て、挑戦の道が開かれた。

たまたま受けたトライアウトで。

 もともと、ドラフトにかからなければ野球は辞めるつもりでいた冨岡はバイタルネット退社を決意。BCリーグの新潟アルビレックスの合格を得ていたものの、たまたま目にしたアスレチックスのトライアウトに応募した。

 トライアウトに立ち会った日本担当の富塚俊幸スカウトは、「チームの判断は即決に近いものだった」と振り返る。

「スティーブ・シャープ(スカウト部門及び国際事業部門付特別補佐)がフォームを見て“リラックスして肩を素直なまま投げてみてもらえますか?”と伝えると、体の開きがすぐ直り、次の球で95マイル(約153キロ)が出たんです。(アーム式のように見える)フォームも我々は胸を大きく使って投げているという認識です」

 長い時間はかかったが、憧れの舞台に挑む権利を思わぬ形で得た。家族旅行以外では初めての海外で、文化や言語の違いに対する不安は当然ある。

 それでも「焦ることなく徐々に力をつけていければと思います」と、もう自らを見失うつもりはない。「試合でなくテストでの合格だったので、実戦でも力を示したいです」と意気込む。

 紆余曲折を経たからこその強さが冨岡にはある。それを信じて、幼い頃に憧れた夢舞台へのスタートラインに立つ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
冨岡聖平
オークランド・アスレチックス

MLBの前後の記事

ページトップ