セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ドリブラーの鬼門セリエAで大暴れ。
メッシ以上の突破数、ボガの異才。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/02/21 19:00

ドリブラーの鬼門セリエAで大暴れ。メッシ以上の突破数、ボガの異才。<Number Web> photograph by Getty Images

サッスオーロというプロビンチアで存在感を放つボガ。そのドリブルでステップアップを果たせるか。

13年前、松井大輔と話したこと。

 13年前、オシムから岡田武史に日本代表監督が代わった頃、フランスのルマンにいたMF松井大輔(現横浜FC)にインタビューする機会があった。

 カフェオレのカップを片手に「本当は焼酎がいいなあ」と笑いながら、松井はざっくばらんに当時のチーム状況やプレーに関する考えを話してくれた。日本有数のドリブラーだった彼は当時、腰痛に苦しみながら奮闘していた。怪我の怖さを語りながら「痛くても、俺は試合になったら絶対何か仕掛けてやりたいんです」と眼光を鋭くした。

 松井のようなドリブラーをイタリアで見てみたいと思い、セリエAでプレーする気はないですか、と尋ねたら、彼は茶目っ気たっぷりに「いや~ないっすね」と首を横に振った。

 ドリブルの際の体の使い方を教わりながら、すっと声のトーンを落として言った言葉をよく覚えている。

「肝はヒザっすね。膝を柔らかく使えれば、抜ける」

 日本人離れしたドリブルスキルの持ち主は、膝こそ生命線なのだと強調した。

そういえば、ボガの膝も揺れていた。

 そういえば、ローマ戦でマーカーをかわしたボガの左右の膝もしなやかに揺れていた。

 インテルもユーベもボガにしてやられた。するすると、気がついたら、流れるようにシュートモーションに入られていた。

 鬼門だからこそ本物が育まれる。

 ボガは、ドリブラー不遇の地イタリアで「ウノ・コントロ・ウノ(1対1)」の真髄をつかんだ。彼はきっと、来夏の移籍市場を賑わす目玉の1人になるだろう。  

関連記事

BACK 1 2 3
ジェレミー・ボガ
サッスオーロ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ