Number ExBACK NUMBER

棚橋&ライガー、思い出の入場とは。
武藤戦での涙と「3頭身」仮面? 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byShunsuke Mizukami

posted2020/02/15 12:00

棚橋&ライガー、思い出の入場とは。武藤戦での涙と「3頭身」仮面?<Number Web> photograph by Shunsuke Mizukami

棚橋弘至と獣神サンダー・ライガー。新日本が誇る愛されレスラーは入場エピソードも最高だ。

ライガーにとっての「最悪の入場」。

――ライガーさんにとって、印象深い入場は?

ライガー あまりないんですよね。「最悪の入場」を挙げるとすれば、'97年の東京ドーム大会かな。マスクの上に、鬼のような仮面をつけて入場したんだけど、その仮面のサイズがデカすぎて、モアイ像みたいになっちゃって(笑)。

棚橋 3頭身みたいな(笑)。

ライガー そうそう。まさに3頭身! 目のところが赤く光っているんだけど、そもそも目の部分が小さくて、どこにあるのかわからない。リング上にいた坂口征二さんには「これ、何がついてるんだ」って覗き込まれるし、視界が狭いからコーナーポストに上がろうとしてもロープが見えない。やばいと思いながらも、どうにか上がったんだけど、今度は下が見えない。よいしょって、ゆっくり下りるわけにもいかないから、最後は勘で飛び降りたよ。

棚橋 いいですねぇ、「最悪の入場」(笑)。それなら僕は、まだヤングライオンの時代に、ある体育館で花道を勢いよくダッシュしたんです。そうしたら、段差があって。それに気づかず、どわーってこけて(笑)。

ライガー わはははははは。

先輩に「段差があるんで」と報告。

棚橋 自分でも「うわ、こけたー! どうすればいいんだ?」って思ったんですけど、再び走り出しました。

ライガー それはそれで、ファンも盛り上がるよね。

棚橋 第1試合だったので、控室に戻って先輩方に報告しました。「段差があるんで気をつけてください」って。

ライガー 貴重な体験談としてね(笑)。

棚橋 第1試合のヤングライオンで良かったです。入場テーマ曲に関する対談でしたけど、こんなオチでいいんですかね(笑)。

ライガー プロレスラーの入場にとって、曲も大事だけど、「段差」も大事だってことだね。

Number997号「桑田佳祐 響け!音楽とスポーツ」では、棚橋弘至×獣神サンダー・ライガー対談の本編「プロレスと音楽の幸福な関係」を掲載しています。巻頭では桑田佳祐のスペシャルロングインタビューをはじめ、サザンオールスターズと日本のスポーツの40年の歩みを振り返る企画や、稲垣啓太、槙野智章らアスリートのプレイリストを一挙紹介するなど「音楽とスポーツ」を徹底的に特集しています。
桑田佳祐響け!音楽とスポーツ

Sports Graphic Number 997

桑田佳祐
響け!音楽とスポーツ

 

関連記事

BACK 1 2
棚橋弘至
獣神サンダー・ライガー
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ