メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

広島の田舎町に野球選手が集うわけ。
気鋭トレーニング施設「マックズ」。 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byMac's Trainer's Room BASEBALL

posted2020/02/08 11:40

広島の田舎町に野球選手が集うわけ。気鋭トレーニング施設「マックズ」。<Number Web> photograph by Mac's Trainer's Room BASEBALL

米独立リーグの赤沼淳平も「マックズ」でトレーニングする1人。野球がうまくなる方法の可能性は無限だ。

プロにも学生にも同じ知識を与える。

 高島は言わば「子供の遊び」と「テクノロジー」をうまく融合させながら、たとえば「〇〇の筋力が弱いから、投げてく内に疲れると使えなくなるのでは?」といった具合に的確なアドバイスも送っている。

 そして、「マックズ」ではそんな情報をプロ野球選手にだけではなく、彼らが引き上げた後にやってくる「夜の部」の大学生や高校生、中学生にも惜しげもなく提供していて、それらの情報は、YouTubeでも惜しむことなく公開されている。

「110キロ投げてた子が130キロ投げられるようになっても、誰も見向きもしないでしょうけど、それは130キロ投げられる子が150キロ投げられるようになるのとまったく同じ理屈で、きちんと体の動きを理解して、鍛えるべきところを鍛えれば、球速なんてすぐに上がるものなんです」

今以上の自分を目指すために。

 やってる内容は違うが、アメリカには「マックズ」のような施設がそこら中にあり、他の子どもたちより少しでもアドバンテージを得たいと思う保護者が、優秀な施設や個人指導者を探すことも珍しくない。

 彼らの目標は「メジャーリーグ」。それを大前提に高校野球や大学野球があり、その階段を上がっていくにはどんな球を投げ、どんな打球を飛ばせばいいのか? と保護者と子供が同じ方向を向いている。そして、そのサポートをするのがプライベートのトレーニング施設なのだ。

 高島が「マックズ」でやってるのも、似たようなことなのかも知れない。もちろん、そこに通う野球少年がパルクールやボックス・ジャンプで山岡のように優れた運動能力を発揮したとしても、いつかプロ野球選手になれるとは限らない。だが、若い野球選手やその保護者にとっては、具体的な目標を設定して、そうなるためのサポートをしてくれる場所が身近にあるというのは大きい。

 SNSを見る限り、「マックズ」のように「今以上の自分」を目指す野球少年の手助けをする施設は少しずつ、しかし着実に増えている。

 夢は大きく果てしなく。日本から世界へと続く遥かな道のりに、野球少年たちの希望は、膨らみ続ける――。

関連記事

BACK 1 2 3 4
高橋礼
山岡泰輔

MLBの前後の記事

ページトップ