濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

多様なルールの格闘技“実験リーグ”。
新生ZSTは「斜め上」の団体へ! 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2020/02/04 11:30

多様なルールの格闘技“実験リーグ”。新生ZSTは「斜め上」の団体へ!<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

旧リングスルール、素手&レガース着用で対戦した伊藤健一(右)と飯塚優。勝った伊藤は「プロレスラーがこの場に出てきてくれたのは超リスペクトです」。

「ビリ」から勝っていくために。

 なぜかと言えば「ビリ」だからだ。普通のやり方では追い越すのは難しい。ならばどうするか。

「俺たちは斜め上を行ってやろうじゃないかと。選手、スタッフみんなが同じ方向を向いて頑張りたい」

 かつてリングスには「実験リーグ」というシリーズがあった。総合格闘技の黎明期、多様なルール、多彩な人材で“プロ格闘技”の魅力を伝える場だった。勝村体制のZSTは、その現代版と言える。

「もちろんZSTでも、世界基準のMMAで強い選手を育てるというのが基本。ただ、そのための道筋は1つじゃなくていいと思ってます。初期ZSTルールで闘っていた所英男、今成正和、小谷直之といった選手はMMAで通用しましたからね。今も同じで、他がやらないことをやって、そこから強い選手を生み出していけたら」

 実験が成功するかどうか、現時点では分からない。だが分からないからこそ実験のしがいも、見届けがいもあるというものだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
勝村周一朗
伊藤健一
飯塚優
ZST
修斗
パンクラス
DEEP
リングス

格闘技の前後の記事

ページトップ