SCORE CARDBACK NUMBER

神戸を初戴冠へ導いた“鹿島キラー”。
藤本憲明の物語は終わらない。

posted2020/01/21 08:00

 
神戸を初戴冠へ導いた“鹿島キラー”。藤本憲明の物語は終わらない。<Number Web> photograph by Getty Images

前半38分、2点目となるゴールを決めた藤本(左から2人目)。「ノリアキ」を意味するNポーズを見せて喜んだ。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

“キラー”がキラキラと輝いた。新国立競技場のオープニングマッチとなった元日の天皇杯決勝。ヴィッセル神戸は鹿島アントラーズを打ち破って、クラブ創設25年目にして初タイトルを手にした。先制のオウンゴールを誘発し、追加点を挙げた藤本憲明は目覚ましい働きぶりであった。

 30歳のストライカーは、鹿島に滅法強い。'19年シーズン開幕戦(2月23日)。大分トリニータのエースとしてアウェーで2ゴールを挙げ、昇格チームが「常勝軍団」を撃破する大金星に貢献した。夏に移籍した神戸でも11月30日のアウェーマッチで先制ゴールを決めている。この相性の良さを買われて、優勝の懸かる大一番で先発起用されたのだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 618文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

藤本憲明
ヴィッセル神戸

Jリーグの前後のコラム

ページトップ