SCORE CARDBACK NUMBER

女子は4回転何本が最強か。
ロシア3人娘が見せた新局面。

posted2020/01/19 08:00

 
女子は4回転何本が最強か。ロシア3人娘が見せた新局面。<Number Web> photograph by KYODO

GPファイナルに続きロシア選手権でも表彰台を独占した3人。それぞれが新たなジャンプの習得に挑んでいる。

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

KYODO

 ロシア3人娘の異次元の闘いが、新たな局面を迎えている。昨年12月末に行われたロシア国内選手権では、アンナ・シェルバコワ(15)がフリーで4回転3本を入れて261.87点で優勝、アリョーナ・コストルナヤ(16)もトリプルアクセルを計3本きめて銀メダル。一方で、4回転4本を組み込んだアレクサンドラ・トゥルソワ(15)はミスが多く、226.34点で3位となった。

 3人の闘い方は、完全に3極化した。シェルバコワは、安定した4回転ルッツに加えて、今回は4回転フリップを小さなステップアウトに留め、完璧に近い演技を見せた。トリプルアクセルの導入は見送った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 613文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

アンナ・シェルバコワ
アリョーナ・コストルナヤ
アレクサンドラ・トゥルソワ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ