バスケットボールPRESSBACK NUMBER

Bリーグ後半戦の台風の目になるか。
久しぶりに強い、大阪エヴェッサ。 

text by

吉川哲彦

吉川哲彦Akihiko Yoshikawa

PROFILE

photograph byB.LEAGUE

posted2020/01/10 11:30

Bリーグ後半戦の台風の目になるか。久しぶりに強い、大阪エヴェッサ。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

今季、琉球から大阪に移籍し主力の一人として活躍するアイラ・ブラウン。帰化選手として3人制バスケ「3×3」の男子日本代表合宿にも参加している。

「完成度はまだ50パーセントくらい」

 先に述べた通り、今野はキャリア13シーズンのうち12シーズンで、大阪のユニフォームを着てプレーしてきた。このチームで結果を出したい想いは、当然ながら人一倍強い。

「そりゃもうめちゃめちゃ強いです。僕はずっとエヴェッサに大事にしてもらってるんで。1年離れたりとかいろいろありましたが、なんだかんだエヴェッサでプレーしてるということは必要としてもらってるということ。

 今は地区2位ですが、この位置にいることがすごく嬉しいし、充実してます。ここ数年は負けばかりできつかったですからね」

シーズンはまだ半分を消化しようかという段階に過ぎない。

 ここからいよいよ本格的に大阪の真価が問われるということは、今野も重々承知だ。その上で今後への手応えも感じ、強豪がひしめく東地区にも引けを取らない強さを手にしたいと意気込む。

「完成度はまだ50パーセントくらい。もっとボールムーブできるし、みんなでもっとシェアして、個の力に頼る時間を今まで以上に減らせばもっと強くなる。

 アルバルクをあれだけ抑えるディフェンス力があるので、オフェンスをもっと伸ばして、ディフェンスも細かいところを修正して、とにかく積み重ねていきたい。

 渋谷に2つ勝ち、千葉にも1つ勝った。他の地区の目の色も変わったんじゃないかと思いますし、侮れないチームになったと思ってくれてると思います」

関連記事

BACK 1 2 3 4
大阪エヴェッサ
天日謙作
アイラ・ブラウン
今野翔太

バスケットボールの前後の記事

ページトップ