SCORE CARDBACK NUMBER

スーパースターか、地道な育成か。
超大型契約の裏にあるジレンマ。
~MLBで広がる格差と緊縮財政~

posted2020/01/08 07:00

 
スーパースターか、地道な育成か。超大型契約の裏にあるジレンマ。~MLBで広がる格差と緊縮財政~<Number Web> photograph by Getty Images

ナショナルズ世界一に貢献した、今季打点王のレンドン(中)。同僚となる大谷翔平を「見るのが楽しみ」と語った。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 相次ぐ超大型契約の締結は、何を意味するのか。過去数年、遅々として進まず、停滞気味だったメジャーのFA市場が、今オフは活発に動き始めた。特に、12月9日から開催されたウインターミーティングでは、劇的な大型契約が相次いでまとまった。

 まずは、スティーブン・ストラスバーグが、投手として史上最高額の7年2億4500万ドル(約270億円)でナショナルズと再契約。翌日にはゲリット・コール(アストロズFA)が、ヤンキースと9年3億2400万ドル(約356億円)で合意し、2日連続で最高値を更新した。さらに、アンソニー・レンドン(ナショナルズFA)が、エンゼルスと7年2億4500万ドル(約270億円)で契約。一気に活況の空気が漂い始めた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 580文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

アンソニー・レンドン
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後のコラム

ページトップ