JリーグPRESSBACK NUMBER

J3から這い上がったガンバ福田湧矢。
東福岡の先輩・宮原裕司の金言とは。

posted2019/12/27 11:40

 
J3から這い上がったガンバ福田湧矢。東福岡の先輩・宮原裕司の金言とは。<Number Web> photograph by AFLO

J3での修行を経て2019年のJ1リーグ戦で17試合出場。今年の福田湧矢がガンバで得た経験値は非常に大きかった。

text by

下薗昌記

下薗昌記Masaki Shimozono

PROFILE

photograph by

AFLO

 12月7日のJ1リーグの最終節。後半終了間際にピッチに送り出された福田湧矢はアウェイの埼玉スタジアムで、待望のJ1初ゴールを叩き込んだ。

 有終の美を飾る形で、プロ2年目のラストマッチを終えた20歳のアタッカーは、初ゴールから3日後、シーズンオフの過ごし方をこう話していた。

「オフもとにかく動きます。実家の近くの公園で弟たちと一緒にね」

 今や堂々たるプロ選手ではあるが、どこかサッカー小僧の面影も残している福田らしいプランだったが、このとき嬉しいサプライズが彼を待っていることは知るよしもなかった。

 年の瀬の28日に行われるキリンチャレンジカップU-22ジャマイカ代表戦に、追加招集で名を連ねたのだ。

 高校サッカー界の雄、東福岡高校で10番を背負いその名を轟かせていた福田だが、世代別代表への招集は初。ごくありふれた公園で自主トレに励むつもりだったJリーガーを待っていたのは、東京五輪を目指す同世代の才能たちとのアピール合戦の場だった。

ルーキー開幕先発も主戦場はJ3。

 福田のプロ入り後の歩みはとにかく波乱万丈の一言に尽きる。

 ルーキーイヤーの昨年は、高校卒業前の2月にガンバ大阪のクラブ史上初めて、高体連出身の新人として開幕スタメンに抜擢。だが、本職ではないボランチのポジションで輝きを見せきれず、やがて主戦場はガンバ大阪U-23の一員として戦うJ3リーグに。

 今シーズンは5月18日に行われたセレッソ大阪との大阪ダービーでJ1リーグに出場したものの、開幕当時の立ち位置はまさにどん底。セカンドチームであるガンバ大阪U-23でさえ、スタメンは保証されていない状況だった。

【次ページ】 J3の開幕戦さえ出てなかったのに。

1 2 3 4 NEXT
福田湧矢
宮原裕司
ガンバ大阪
東福岡高校

Jリーグの前後のコラム

ページトップ