JリーグPRESSBACK NUMBER

松本の街を変え、自らも変わったDF。
飯田真輝がトライアウトで語る胸中。

posted2019/12/23 19:00

 
松本の街を変え、自らも変わったDF。飯田真輝がトライアウトで語る胸中。<Number Web> photograph by Tetsuro Kaieda

松本山雅の最終ラインを手堅く支えた飯田真輝。トライアウトでのプレーぶりを見れば、まだまだやれる。

text by

海江田哲朗

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

PROFILE

photograph by

Tetsuro Kaieda

 相手の足元にボールが入った瞬間、一気に間合いを詰めてガツンと身体をぶつける。パワーでねじ伏せ、前を向くことさえ許さない。そして、片時も休まず味方に活を入れ、時に激しく吼えた。

 飯田真輝、34歳。内なる炎の勢いは衰えるどころか、猛々しく燃えたぎっている。

「火が消えてたら、ここにいないんでね」

 飯田はそう言って笑った。

 12月16日と17日、2019JPFA(日本プロサッカー選手会)トライアウトがフクダ電子アリーナで開催された。

 対象は、所属クラブを契約満了となった選手たち。今回は計118名の参加者を数えた。トライアウトは7対7のミニゲームと30分ハーフのゲーム形式で行われ、集まった各クラブの強化担当が来季の補強の材料とする場だ。興味を持てば、選手本人、あるいは移籍の窓口となる仲介人(代理人)にすぐさま接触できるメリットがある。

「ソリさん、辞めるんだな」

 飯田はJFL時代から9年半プレーした松本山雅FCを契約満了となった。そこに至るまで、予感めいたものはあった。

 今季、松本は17位でJ2に降格。リーグ最終節から一夜明けた8日、8シーズンにわたってチームを率いた反町康治監督の辞任を発表した。その報せを聞き、飯田はクラブとの契約交渉に向かっている。「ソリさん、辞めるんだな。このタイミングで自分も終わりになるのはあり得る」と感じた。

 テーブルの向こうには、加藤善之副社長と柴田峡編成部長。契約満了の提示を受け、この先について考えを訊かれた飯田は、「選手を続けます」と即答している。

 現役続行の意思は、クラブ側も見越していた。柴田は言う。

「そうくるだろうと予想はしていました。2年前に結婚し、生活面を見直したことで身体が絞れ、充分に動ける状態にある。おそらく体脂肪率は、いまが一番低いんじゃないですか。腹筋なんてバキバキに割れてますよ。

 20代の頃はゆるく、30を過ぎてから割れるってどういうこと? と不思議に思います。今季、攻撃面では最も進境が見られた選手でもある。計算できる飯田がいてくれれば、チームの助けになるのは百も承知です」

【次ページ】 「ああ、松本を離れるんだな、と」

1 2 3 NEXT
飯田真輝
松本山雅FC
反町康治

Jリーグの前後のコラム

ページトップ