第96回箱根駅伝出場校紹介BACK NUMBER

連覇を狙う“一強”東海大学に死角なし。
青山学院大学の鍵は4年生の奮起にあり。 

text by

箱根駅伝2020取材チーム

箱根駅伝2020取材チームhakone ekiden 2020

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2019/12/27 11:00

連覇を狙う“一強”東海大学に死角なし。青山学院大学の鍵は4年生の奮起にあり。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

毎度おなじみ「やっぱり大作戦」。

 鍵を握る選手が多数存在する青学大。そのなかでもポイントとなる選手は誰か。

 毎度おなじみ、箱根駅伝に向けて原監督が掲げたスローガンは、「やっぱり大作戦」。

「大手町のフィニッシュ地点で、やっぱり青学は強かった。今年の青学の4年生も、やっぱり強かった、と言ってもらえるような駅伝にしたいです」

 どうやら、4年生の走りが青学大の命運を左右しそうだ。今回の登録メンバーのうち、4年生は鈴木塁人、中村友哉、谷野航平、吉田祐也の4人。前回、前々回と5区の山上りを担当した竹石尚人はエントリーから外れた(その意味で、5区を誰が担当するかは大きな焦点となる)。

 経験者はキャプテンの鈴木だけだが、今回、ポイントに挙げたいのは中村だ。

 3年生までは学生三大駅伝に出場するチャンスに恵まれなかったが、4年生になってからいきなり出雲駅伝でアンカーを務めた。

「もう、びっくりですよ! 調子も悪くなかったので、走るのを楽しみにしてたんですが、アンカーと聞いて、ちょっとテンパってしまいました。結果、順位を5位に落としてしまって。みんなに申し訳なかったですが、これはもういい経験にするしかないと思って」

慎重に言葉を選ぶ、策士・原監督。

 実力を示す機会はすぐに訪れた。全日本大学駅伝では6区を任され、それまでの区間記録と並ぶタイムで走り、区間2位。4人抜きで反撃の狼煙を上げた。

「なんとか結果を出せて、4年生の責任を果たせてよかったです。出雲駅伝の後は、監督から『これじゃ、駅伝力ゼロだよ』と言われていたので。全日本大学駅伝は箱根駅伝に向けて自信になりました」

 今回の箱根駅伝について、原監督は「戦術駅伝になるので、細かい区間配置に関しては差し控えさせていただきます」と話す。それだけ慎重になっているわけだ。

 核となるのはキャプテンの鈴木、3年生の吉田圭太、神林の上級生に加え、2年生の飯田、1年生の岸本。そして、「Xファクター」として昇り調子の中村が快走を見せれば、青学大の2年ぶりの優勝のチャンスが膨らむ。中村はいう。

「どちらにせよ、最初で最後の箱根駅伝ですから、思いっきり楽しめたらいいと思います」

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4

ページトップ