第97回箱根駅伝特設サイト

Facebook
Twitter
[史上最速世代が語る箱根路 vol.1]吉田祐也「人生を変えた最初で最後の夢舞台」

[史上最速世代が語る箱根路 vol.1]
吉田祐也「人生を変えた最初で最後の夢舞台」

第97回箱根駅伝(2021)

たった一度の箱根駅伝。2020年、青山学院大学の吉田祐也は、最初で最後の箱根駅伝を走った。任された区間は4区。快調に走った吉…続きを読む

生島淳Jun Ikushima

PR

2020/11/23

3強の牙城を崩せるか。早大、順大、中大が備える「ダークホース」の条件。

第97回箱根駅伝(2021)

3強の牙城を崩せるか。早大、順大、中大が備える「ダークホース」の条件。

箱根駅伝の前哨戦ともいえる全日本大学駅伝は、駒澤大学がアンカー勝負で6年ぶりの優勝を果たし、強さを見せつけた。箱根駅伝で… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

PR

2020/11/16

第97回箱根駅伝のシード権争いを占う。國學院大と東国大はエースの穴を埋められるか。

第97回箱根駅伝(2021)

第97回箱根駅伝のシード権争いを占う。國學院大と東国大はエースの穴を埋められるか。

10位と11位――。たったひとつの順位差でチームは、天国と地獄を味わう。10位までのチームには、翌年の箱根駅伝出場が約束された… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

PR

2020/11/12

駒大の全日本大学駅伝6年ぶり優勝を生んだ、アンカー勝負「2秒差」の綾。

第97回箱根駅伝(2021)

駒大の全日本大学駅伝6年ぶり優勝を生んだ、アンカー勝負「2秒差」の綾。

鬼の目にも涙。試合後、大八木弘明監督の目尻がうっすらとにじんでいるように見えたのは、勝つことが本当に難しい駅伝だったから… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

PR

2020/11/09

東京国際大学が箱根路で与えた衝撃。指揮官・大志田秀次監督が目指すもの。

第96回箱根駅伝(2020)

東京国際大学が箱根路で与えた衝撃。
指揮官・大志田秀次監督が目指すもの。

上位校の実力が拮抗する戦国駅伝で、風雲急を告げる特大の狼煙を上げたのは、出場校中もっとも歴史が浅い東京国際大学だった。前… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

PR

2020/01/16

青山学院大学、2年ぶり箱根駅伝総合優勝。戦術のカギとなった「花の2区」の黄金ルーキー。

第96回箱根駅伝(2020)

青山学院大学、2年ぶり箱根駅伝総合優勝。
戦術のカギとなった「花の2区」の黄金ルーキー。

「4連覇した頃というのは、当たり前のことを当たり前にできていたので、勝っても特に感激がわき出てくることがなかった。でも、… 続きを読む

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

PR

2020/01/06

区間エントリーから読む第96回箱根駅伝。直球と変化球が交錯する各校の“戦術駅伝”やいかに。

第96回箱根駅伝(2020)

区間エントリーから読む第96回箱根駅伝。
直球と変化球が交錯する各校の“戦術駅伝”やいかに。

今回は2区の争いが激化しそうで、拓殖大学のラジ二・レメティキ(1年)、創価大学のムソニ・ムイル(4年)、日本大学のチャール… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

PR

2019/12/31

[平成ランナーズ playback vol.4]設楽啓太「最後に見せたエースの背中」

第96回箱根駅伝(2020)

[平成ランナーズ playback vol.4]
設楽啓太「最後に見せたエースの背中」

秋が過ぎ、冬を迎え、その兄弟の名は徐々に駅伝ファンの間に知れ渡っていった。設楽啓太と、設楽悠太。東洋大に進学した双子の兄… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

PR

2019/12/05

[平成ランナーズ playback vol.3]佐藤悠基「天才ランナーが見せた“空前絶後”の新記録」

第96回箱根駅伝(2020)

[平成ランナーズ playback vol.3]
佐藤悠基「天才ランナーが見せた“空前絶後”の新記録」

「空前絶後の区間新記録!」日本テレビの新谷保志アナウンサーの絶叫とともに、東海大学のスカイブルーのユニフォームが2 区の走… 続きを読む

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

PR

2019/11/28

[平成ランナーズ playback vol.2]三代直樹「タフさと責任感が生んだ、無欲の快記録」

第96回箱根駅伝(2020)

[平成ランナーズ playback vol.2]
三代直樹「タフさと責任感が生んだ、無欲の快記録」

1995年に渡辺康幸(早稲田大学)が出した、箱根駅伝2区での1時間6分48秒という驚異的な区間記録。実は当人はレース後、こんなこ… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

PR

2019/11/21

[平成ランナーズ playback vol.1]渡辺康幸「ライバルの存在が生んだ“1時間6分台”の衝撃」

第96回箱根駅伝(2020)

[平成ランナーズ playback vol.1]
渡辺康幸「ライバルの存在が生んだ“1時間6分台”の衝撃」

千葉・市立船橋高校3年時のインターハイでは、1500mと5000mでの2冠を達成。全国高校駅伝では、エースの集まる1区で2年連続区間賞… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

PR

2019/11/14

今季の箱根駅伝は「ワイドオープン」だ。出雲駅伝、全日本大学駅伝で見えた優勝の条件とは。

第96回箱根駅伝(2020)

今季の箱根駅伝は「ワイドオープン」だ。
出雲駅伝、全日本大学駅伝で見えた優勝の条件とは。

出雲駅伝、全日本大学駅伝の両レースを終え、今季の箱根駅伝を読み解くキーワードが思い浮かんでいる。ワイドオープン。ワイドオ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

PR

2019/11/07

箱根駅伝予選会で感じた“新時代”の幕開け。各校の歓喜と落胆に見た、新たな勢力図。

第96回箱根駅伝(2020)

箱根駅伝予選会で感じた“新時代”の幕開け。
各校の歓喜と落胆に見た、新たな勢力図。

箱根駅伝予選会。時代が大きく動いた感触があった。新しい勢力が力を伸ばし、その一方で、伝統校が本大会の出場権を逃した。箱根… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

PR

2019/10/31

混戦必至の第96回箱根駅伝予選会。突破に重要な「3つの要素」で各校を読む。

第96回箱根駅伝(2020)

混戦必至の第96回箱根駅伝予選会。
突破に重要な「3つの要素」で各校を読む。

ひとことで言えば、“戦国駅伝”。今季の学生駅伝は、そんな混戦模様が予想されている。今年1月の箱根駅伝は、東海大が悲願の初… 続きを読む

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

PR

2019/10/24

ページトップ