SCORE CARDBACK NUMBER

6年で燃え尽きた“最年少プロ”。
再起の西村佳奈美が目指す先。
~テニスに戻ってきた23歳のママ~

posted2019/12/08 08:00

 
6年で燃え尽きた“最年少プロ”。再起の西村佳奈美が目指す先。~テニスに戻ってきた23歳のママ~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

'10年に14歳以下の世界最高峰の大会で優勝しプロ転向。その後、引退と結婚、出産を経て昨年現役復帰を果たした。

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 子連れのママさんテニスプレーヤー――と言っても、セリーナ・ウィリアムズでもキム・クライシュテルスでもない。'10年に14歳3カ月でプロ転向、史上最年少プロ誕生と騒がれた西村(旧姓・辻)佳奈美。'96年生まれ、23歳の若いママだ。'15年のシーズンを最後に一度引退、'17年秋に長男を出産した。その後、'18年1月に現役復帰を宣言、この10月には4年ぶりに全日本選手権に出場した。

 早すぎる引退には理由があった。筆者の記憶の中の彼女は、いつもつらい表情をしていた。最年少プロと注目され、周囲からの期待の重さが小さな背中にのしかかった。ある民放テレビは下部ツアーまで追いかけたが、不本意な内容で敗れ、涙を流しながら取材対応する姿を見たこともある。もっとも、プレッシャーのほとんどは父親によるものだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 569文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<特集 フィギュア新時代>もっと強く、美しく。

関連記事

西村佳奈美

テニスの前後の記事

ページトップ