SCORE CARDBACK NUMBER

しょっきりが今や真剣対決。
“エキシ”の歴史を紐解く。
~メイウェザーの教訓を今後に~

posted2019/12/04 15:00

 
しょっきりが今や真剣対決。“エキシ”の歴史を紐解く。~メイウェザーの教訓を今後に~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

那須川(右)はホテルエミシア札幌での『RISE NORTH』に出場し、3分1Rのエキシビションマッチを行なった。

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

Susumu Nagao

 かつてエキシビションマッチ(以下エキシ)は模範試合という意味で、時には闘っている選手がオーバーアクションしても許される舞台だった。いわゆる相撲の“しょっきり”の同義語と見なされていたといっていい。

 しかしながら昨年大晦日の那須川天心vs.フロイド・メイウェザー以来、エキシの意味は大きく揺らぎ始めた。知っての通り、この一戦は体重差があるにもかかわらず、ボクシングルールで争われ、メイウェザーが3度ダウンを奪って1RTKO勝ち。ただしエキシなので公式記録には残っていない。

 去る11月10日、札幌で那須川はその大晦日以来のエキシを行なった。対戦相手は地元のホープ安斎宙だったが、那須川は胴回し回転蹴りなどの得意技で2度もダウンを奪った末に試合終了のゴングを聞いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 570文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<特集 フィギュア新時代>もっと強く、美しく。

関連記事

那須川天心

格闘技の前後の記事

ページトップ