SCORE CARDBACK NUMBER

NBAのレジェンドと超新星、
2人の思いが重なった日。
~ドンチッチとレブロンの物語~

posted2019/11/19 07:00

 
NBAのレジェンドと超新星、2人の思いが重なった日。~ドンチッチとレブロンの物語~<Number Web> photograph by Getty Images

11月1日の試合では新旧オールラウンダーによるマッチアップに注目が集まった。お互いにトリプルダブルを記録。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 子供の頃に憧れていた選手と同じコートに立ち、敵味方として戦う。若手選手にとって、それは、どんな高級なホテルに泊まるよりも、自分がNBAに入ったことを実感する瞬間なのではないだろうか。

 ダラス・マーベリックスの2年目ガード、スロベニア出身のルカ・ドンチッチにとっては、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズがそんな存在だった。7歳でバスケットボールを始めたときからの憧れの選手。昨季も2度対戦していたが、11月1日の対戦は、さらに特別な試合となった。

 この日、マブズは、優勝候補にもあげられるレイカーズを相手にオーバータイムの熱戦を繰り広げた。ドンチッチは今季ポイントガードを務めるレブロンとマッチアップし、レブロンがアンソニー・デイビスにアリーウープパスを出したかと思うと、ドンチッチもクリスタプス・ポルジンギスに正確なパスを通して観客を魅了した。ドンチッチが31得点、13リバウンド、15アシスト、レブロンも39得点、12リバウンド、16アシストと、2人ともトリプルダブルでそれぞれのチームを牽引。マブズはオーバータイムの末に敗れたが、試合後にドンチッチはレブロンから称賛の言葉をかけられ、忘れられない試合となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 367文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ダラス・マーベリックス
ルカ・ドンチッチ
レブロン・ジェームズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ