メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

ヤンキース盟主復権へ大補強計画。
FAエース両獲り+サプライズな男。

posted2019/11/18 11:30

 
ヤンキース盟主復権へ大補強計画。FAエース両獲り+サプライズな男。<Number Web> photograph by Getty Images

サイ・ヤング賞はアストロズの同僚バーランダーに譲ったものの、今季20勝5敗、326奪三振、防御率2.50と圧倒的な投球を見せたコール。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2009年を最後に10シーズン連続でワールドシリーズから遠ざかっているヤンキースが、今オフ、潤沢な資金力を惜しむことなく、大型補強に注ぎ込む方針を固めた。

 11月11日からアリゾナ州スコッツデールで開催されたGM会議に出席したブライアン・キャッシュマンGMは、いつになく、強い口調でストーブリーグの見通しを口にした。

「短期、長期にかかわらず、我々はヘビーな投資をしていく」

 過去数年は、若手への世代交代を推進するチーム方針もあり、オフシーズンの大補強を控えてきた。だが、3年連続プレーオフへ進出するなど、チームとしての基盤が固まった今オフは、まさに満を持して、FA(フリーエージェント)市場に乗り込むことを明言した。

狙いはコールとストラスバーグ。

 最大のターゲットとして狙いを定めているのが、今オフの目玉とされるゲリット・コール(29=アストロズFA)とスティーブン・ストラスバーグ(31=ナショナルズFA)の快速先発右腕2人。公式戦だけでなく、今季のポストシーズンでも快投を続けたことで、ともに大舞台にも強いことを実証した。

 いずれも、1年平均3000万ドル(約33億円)以上で7~10年の長期契約が見込まれ、投手として史上最高額が予想されているものの、キャッシュマンGMは腹を括ったかのように言った。

「我々は前へ進んでいくために、すべての機会を精査していく。シーズンで103勝を挙げたチームを発展させることは難しい。だが、我々が成功するために不可欠な部分において、数人のFA選手を取りにいく」

 近年の主流を占める若いエグゼクティブGMといえば、「特定のFA選手についてはコメントできない」が常套句。だが、今回のキャッシュマンGMは、2つの固有名詞を口にしたうえで、獲得の意思を明かした。裏を返せば、他のライバル球団へ対する、明確な「宣戦布告」と受け取ってもいい。

【次ページ】 「組織の外から獲得する機会を」

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ニューヨーク・ヤンキース
ゲリット・コール
スティーブン・ストラスバーグ

MLBの前後のコラム

ページトップ