熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

1位と2位突破では難易度が雲泥の差。
U-17日本vs.セネガルは決定的に重要。 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/11/02 11:50

1位と2位突破では難易度が雲泥の差。U-17日本vs.セネガルは決定的に重要。<Number Web> photograph by Getty Images

現地時間2日のセネガル戦に勝てばグループ首位での決勝トーナメント進出が決まるU-17日本。たくましい戦いぶりを見せてほしい。

首位と2位通過では難易度が違う。

 気になるのは決勝トーナメント進出の条件だろう。日本は前述したように勝ち点4の2位。GS2試合を終えて全敗のオランダは、最終戦でアメリカに勝っても勝ち点で日本を上回ることはない。アメリカは勝ち点1で、最終戦でオランダに勝ち、日本がセネガルに敗れたら勝ち点4で並ぶ。

 しかし、現時点で日本は得失点差でアメリカを6上回る。日本がセネガルに大敗し、アメリカがオランダに大勝すれば順位が入れ替わるが、その可能性は非常に低い。つまり、日本の2位以上はかなり濃厚と考えていい。

 ただし、ラウンド・オブ16の対戦相手はGSを首位で突破すれば他組の3位だが、2位ならE組首位で、いずれも優勝候補のスペインかアルゼンチンとなりそうだ(スペインは、昨年のU-16アジア選手権決勝で日本が1-0で下したタジキスタンに5-1と圧勝している)。

 GSを首位で突破するのと2位で抜けるのとでは、次戦の対戦相手の難易度が全く異なる。ベスト8、そして史上初のベスト4以上の成績を狙うには、GSを首位で突破することが決定的に重要だ。

中2日、中3日という厳しい日程。

 GS最終戦の日本対セネガルは双方にとって中2日の試合で、ラウンド・オブ16はそれから中3日で行なわれる。

 GS3試合をほぼ同じ先発メンバーで戦うのは、選手にとって負担が大きい。一方、ターンオーバーをすればより多くの選手に出場機会を与えることができるし、主力選手をベンチに置き、勝負所で投入してもいい。

 A代表のW杯なら「結果がすべて」と言っていいが、育成年代では結果もさることながら、できるだけ多くの選手に貴重な経験を与え、今後の成長を促すことも極めて重要だ。

【次ページ】 セネガルも大幅入れ替えの可能性。

BACK 1 2 3 4 NEXT
西川潤
若月大和

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ