SCORE CARDBACK NUMBER

情熱を取り戻したシモンズ。
キャリア初の3P成功も「プロセス」。

posted2019/11/05 07:00

 
情熱を取り戻したシモンズ。キャリア初の3P成功も「プロセス」。<Number Web> photograph by Getty Images

広州ロングライオンズとの試合で3Pを決めたシモンズ。実戦で初の3P成功に、チームメイトもファンも喜んだ。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 3Pシュート全盛の今の時代、公式戦でもない試合で、3Pシュートを1本決めただけで大ニュースになるのは、ベン・シモンズ(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)くらいではないだろうか。しかも、対戦相手はNBAチームですらなかったのだが、そんなことも関係なかった。

 10月8日、シクサーズ対広州ロングライオンズ(中国CBA)のプレシーズン試合でのこと。前半終了間際にシモンズが放った3Pシュートはリングの中に吸い込まれていった。すでにシクサーズが40点近くの大差をつけてリードしていたが、まるで大一番での逆転シュートだったかのようにファンは沸き、チームメイトのジョエル・エンビードもシモンズに抱きついて喜んだニュースはファンやメディアの間にもあっという間に広がり、ツイッターのトレンドワードにもなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 541文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ベン・シモンズ
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ