SCORE CARDBACK NUMBER

圧倒せずとも勝利する。
ハミルトンを変えた帝王学。

posted2019/10/31 15:00

 
圧倒せずとも勝利する。ハミルトンを変えた帝王学。<Number Web> photograph by Getty Images

モナコでは故ニキ・ラウダに捧げる勝利を飾った。ラウダ直伝のクレバーな走りに変貌して未踏の高みを目指す。

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 第17戦日本GPで、メルセデス・チームが4戦を残してコンストラクターズ6連覇を達成した。ボッタスが勝ち、ハミルトンは3位と最速ラップで総計612点。フェラーリを退けた。毎戦平均36点は優勝25点の得点制で「常勝」と言うべき強さである。

 6年目のハイブリッドPUはフェラーリに迫られたものの安定した総合性能を維持。W10シャシーはダウンフォースに優れコーナー速度が際立った。だがレーシングチームの強さはその戦力だけではない。指揮官がどれだけドライバーを掌握するか、マン・パワーを結集する組織の力が発揮されねばならない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 656文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ホークス日本一の組織学

Sports Graphic Number 989

ホークス日本一の組織学

 

関連記事

メルセデスAMG
ルイス・ハミルトン

F1の前後の記事

ページトップ