フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

GP初戦「最後のお別れのつもりで」。
弟の死に手向けたメッシングの滑り。
 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byChristian Petersen-ISU/Getty Images

posted2019/10/23 16:00

GP初戦「最後のお別れのつもりで」。弟の死に手向けたメッシングの滑り。<Number Web> photograph by Christian Petersen-ISU/Getty Images

9月22日に弟を亡くしたばかりのキーガン・メッシングだったが、しっかりと滑りきり、総合4位の成績だった。

人々の涙を誘ったキーガン・メッシング。

 悲しい事情を抱えてこの試合に挑んだのはカナダのキーガン・メッシングである。オータムクラシックでは、表彰式のときに羽生のために日の丸をずっと広げていたことで一躍日本のファンの間でも人気者になった彼だった。

 だがそのオータムクラシックのわずか1週間後の9月22日、1歳年下の彼の弟、パックソン・メッシングがオートバイで交通事故に巻き込まれて亡くなるという悲劇に見舞われた。1カ月後にスケートアメリカを控えて、トレーニングに集中することもできずに苦しんだという。

「それでもこの大会には出なくては、と思いました。弟のためにスケートに支障をきたしたら、彼は絶対に怒ったと思うから」とほろ苦い笑顔を見せた。キーガンはSP3位だったが、総合で4位という結果になった。

 エキジビションでキーガンは、額縁に入った弟の遺影をリンクの中央において、亡き弟に捧げる作品を滑った。「最後のお別れのつもりで滑った」と目を潤ませた彼の姿は、人々の涙を誘った。

友野総合5位、シニア初年島田10位。

 日本からは、友野一希と島田高志郎の2人が挑んだ。

 友野はSP、フリーともに2種類の4回転を組み込み、ジャンプの失敗もあったが攻めの姿勢を貫いて総合5位。「今までに比べて、ひとつ踏み出せた試合だったかなと思います」と笑顔を見せた。「昨シーズンは、自分の滑りができていなかった」と振り返る。シニアとして国を代表する立場にプレッシャーを感じていたのだという。今季は心機一転し、自分らしさを大事にしていく決意を語った。

 シニアGP初挑戦をした島田高志郎は、総合10位に終わったものの、「素晴らしい体験をさせてもらいました」と目を輝かせた。「このままだと戦えないのでもっと高みで自分のスケートを披露したいなという気持ちがこみ上げてきました」と、意欲を口にした。

 第1戦目スケートアメリカは、それぞれがオフシーズンの間、どのように過ごしたのかを物語る内容になった。今週末からカナダのケロウナで始まるスケートカナダでは、いよいよ羽生結弦が登場する。

関連記事

BACK 1 2 3
ネイサン・チェン
ジェイソン・ブラウン
キーガン・メッシング
友野一希
島田高志郎
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ