沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

「菊花賞は武豊で買え」を再び証明。
ワールドプレミアと最年長記録樹立。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/10/21 11:30

「菊花賞は武豊で買え」を再び証明。ワールドプレミアと最年長記録樹立。<Number Web> photograph by Kyodo News

皐月賞馬、ダービー馬不在の菊花賞を制したのはワールドプレミアと武豊。まだキャリア6戦目、底は見えていない。

気性難でこの強さ、可能性は?

 80代目の菊花賞馬となったワールドプレミアは、3月の若葉ステークスでヴェロックスの2着になったあと休養に入り、ソエなどのため、春のクラシックには出走できなかった。

 6戦すべてで手綱を取っている武が「まだ改善したいところがある」という現状でも菊花賞を勝ってしまったのだから、気性面の課題などが解消されたらどれだけ強くなるのか、怖いほどだ。

 7歳上の全兄ワールドエースは、皐月賞2着、ダービーは1番人気で4着。重賞勝ちはマイラーズカップだけだが、ノーザンファームの吉田勝己代表が「サラブレッドの見本のような馬」と絶賛していた逸材だ。

 その兄を実績面で上回ったワールドプレミアのスケールには、はかり知れないものがある。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

武豊
ワールドプレミア
ディープインパクト

競馬の前後のコラム

ページトップ