バレーボールPRESSBACK NUMBER

想像を遥かに超えたサービスエース。
19歳西田有志に、仲間も世界も慄く。

posted2019/10/18 19:00

 
想像を遥かに超えたサービスエース。19歳西田有志に、仲間も世界も慄く。<Number Web> photograph by Kiyoshi Sakamoto/AFLO

時速120kmを超えるサーブは大きな武器。キレのあるスパイクも含め、今大会で世界レベルにあることを知らしめた。

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph by

Kiyoshi Sakamoto/AFLO

 この大会でスターになりたい。

 堂々とそう言ってのけた19歳に、絶好の場面が巡って来た。

 ワールドカップバレーボール、男子大会最終戦。カナダと日本が共に2セットずつを取り合い、迎えた最終セット。9-9の場面で、日本のサーバーは西田有志。

 いつものようにコートの左サイドから、最も得意なコースへ向け、腕を振り抜く。レシーブしようとした選手が弾いたボールは、観客席まで飛び、10-9。両手でガッツポーズをしながら、コートの中央で西田が吼える。立て続けに2本、3本とサーブでポイントを重ねる西田を見て、誰もが思った。もしかしたら、最後もこのまま西田のサーブで勝ってしまうのではなかろうか、と。

 予想は的中した。

 いや、正確に言えば的中ではない。むしろ的中どころか、想像を遥かに上回った。

 メンバーを代えて守備を固めたカナダに対し、お構いなし、とばかりに4本目のサービスエースでマッチポイントとすると、最後は得意のクロスではなく、ストレート。守備専門のリベロをも弾き飛ばし、15-9。

 6本中5本のサービスエース。何ともはや、圧巻、と言うしかない最高のフィナーレ。

ベストオポジットに選出。

 中垣内祐一監督は「すごいものを見せられた」と脱帽し、同じオポジットとして2007年から日本代表でプレーし、スタメン出場したカナダ戦で活躍を見せた清水邦広も、「あれはすごいっすよ」と笑い、手放しで称えた。

「あの状況で4本も5本も打てるのは、メンタルがものすごく強い証拠。ホント、世界ナンバーワンのサーブと言っても過言ではないし、世界ナンバーワンのオポジットです」

 各ポジション、出場選手から7名が選出される個人賞。清水の言葉は現実となり、西田はベストオポジットに選出された。

 目標としたメダル獲得には一歩届かず4位。だが、過去最多の8勝を挙げ、サーブランキングも1位。初出場で十分な結果を残した証ではあるのだが、ただ嬉しいでは終われない、と西田は言う。

「個人で賞をいただいたことはありがたいです。でも、いいところだけではなく悪いところも多かったし、そこをなくしていければチームが勝てた試合もあって、自分が足を引っ張った場面もたくさんある。この賞をもらえたことに満足はしていないので、次は(周りからも)賞をもらってよかった、と思われるプレーヤーになりたいです」

【次ページ】 出たくて仕方なかったアメリカ戦。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西田有志
清水邦広
石川祐希
柳田将洋
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ