SCORE CARDBACK NUMBER

フィンク監督に押された背中。
飯倉大樹のチャレンジは続く。
~ヴィッセルを支えるGK~

posted2019/10/18 07:30

 
フィンク監督に押された背中。飯倉大樹のチャレンジは続く。~ヴィッセルを支えるGK~<Number Web> photograph by J.LEAGUE

9月28日の川崎戦では好セーブを連発した飯倉。一時は15位に沈んでいたチームも残留争いを抜け出しつつある。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 攻撃のリズムをつくるのは最後尾から。低迷していたヴィッセル神戸がここに来てようやくボールも、チームも回り始めている。夏の移籍市場で獲得した酒井高徳、ベルギー代表フェルマーレンに加えて、ゴールキーパーの飯倉大樹が一役買っている。

 走って、守って、ボールをつないで。

 ハイラインの裏をカバーして、自陣からスムーズにビルドアップしていくのは元々、横浜F・マリノスでやってきたこと。すぐにチームに溶け込めたのも、これまでの役割をそのまま求められているからだ。

「後ろが安定して回せるようになってケガ明けのアンドレス(・イニエスタ)の状態が上がってきたら“違い”をつくれるはず」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 608文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ヴィッセル神戸
飯倉大樹

Jリーグの前後のコラム

ページトップ