JリーグPRESSBACK NUMBER

川崎ルヴァン初制覇へ機は熟した。
鹿島のお株を奪う試合巧者ぶり。 

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/10/15 11:50

川崎ルヴァン初制覇へ機は熟した。鹿島のお株を奪う試合巧者ぶり。<Number Web> photograph by Getty Images

鮮やかにも、したたかにも勝ちきれる。J1連覇を果たしたことで強さを増したフロンターレ、ルヴァン初制覇まであと1勝だ。

指摘され続けた「隙」をなくして。

「隙のない試合運び」や「結果にこだわるところ」は、タイトルを獲る前の川崎に足りないファクターとして指摘され続けていたものでもある。

 そしてリーグ王者になってもなお、クラブとしてより高みを目指す上では身に付けなければいけない部分だと痛感したエッセンスでもある。

 この第2戦では、リーグ首位でもある鹿島相手にそうした部分を表現して勝ち抜いたことで、その経験値をひとつ積み上げることができた。今後は、それをチームの伝統としてうまく浸透させていく作業と向き合っていくのだろう。

 迎える決勝戦。

 2年前にセレッソ大阪の選手として聖杯を掲げた山村和也は、試合後にこう言い切っている。

「決勝に進むことができたのはよかったですが、最後に勝たなければ意味がないと思います」

 川崎は過去4度、このファイナルの舞台に立っているが、一度もそれを掲げていない。

 だからこそ、思いはひとつだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
川崎フロンターレ
小林悠
中村憲剛

Jリーグの前後の記事

ページトップ