オリンピックへの道BACK NUMBER

宇野昌磨が「楽しむ」と記した理由。
言葉に感じたスケートへの真摯さ。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJun Tsukida/AFLO SPORT

posted2019/10/13 11:30

宇野昌磨が「楽しむ」と記した理由。言葉に感じたスケートへの真摯さ。<Number Web> photograph by Jun Tsukida/AFLO SPORT

10月5日のジャパンオープンでは個人成績169.09点とネイサン・チェンの189.83点に次ぐ2位となった。

楽しむのは、実は容易ではない。

 同時に、そこに感じられたのは、「楽しむ」ことの重みだ。楽しむのは、実は容易ではない。結局のところ、得心のいく演技ができなければ楽しめないからだ。宇野がそれを自覚していることは論をまたない。

「練習はとても辛いときのほうが多いと思う」

 宇野は言う。

「楽しむ」に至るまでの道のりの厳しさを知る。だからこそ、楽しむ、を目標にしたい。率直さとフィギュアスケートへの真摯さを感じさせた数々の言葉と姿勢は、そう考えているように思わせた。

関連記事

BACK 1 2 3
宇野昌磨

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ