Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<必然のジャイアントキリング>
日本vs.アイルランド
金星を生んだ大胆な用兵。

posted2019/10/03 08:00

 
<必然のジャイアントキリング>日本vs.アイルランド金星を生んだ大胆な用兵。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

激闘を終え、リーチマイケルはアイルランドのFLリース・ラドックと握手を交わした。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

W杯開幕時、世界ランク1位に君臨した北半球最強国を相手に、互角以上の闘いをみせ、そして力で押し切った。これは、もはや奇跡ではない――歴史的な勝利の裏側には、主将をリザーブに置く勇断と、周到な戦略があった。(Number987号掲載)

 目を疑った。こんなことがありうるのか。

 相手ゴール前まで攻め込んだ日本がノックオンした直後、タイムアップを告げる銅鑼が響いた。日本のリードは7点。アイルランドはラストアタックでトライとゴールを決めれば同点に追いつける。乾坤一擲の反撃を、日本は防ぎきれるか?

 だがそんな興味はすぐに消え失せた。アイルランドは密集からボールを出すと、途中出場のSOジョーイ・カーベリーが、いともあっさりとボールをタッチに蹴り出したのだ。

 アイルランドから見れば、7点差で終われば「惜敗ボーナス」の勝ち点1が得られる。100mを攻め返して同点に追いつけば勝ち点は2。

 だが、そんな甘美なシナリオに賭けるほどの自信を、緑のジャージーは持ち合わせていなかった。むしろ頭にあったのは、途中でボールを奪われ、ダメ押しの点を奪われること。すなわち勝ち点ゼロへの恐怖だ。

 過去3年間で2度のオールブラックス撃破を成し遂げ、W杯開幕時には世界ランク1位に君臨していた北半球最強国アイルランドは、そこまで計算して、敗北を受け入れた。

 アンガス・ガードナー主審は長い笛を吹いた。桜のエンブレムをつけた赤白ジャージーが跳びはね、抱き合い、コブシを突き上げる。緑のジャージーが立ち尽くす。4万7813人を飲み込んだスタジアムがどよめき、揺れる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2617文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

秋競馬「ディープを超えろ」/ラグビー日本代表「撃破」
ジェイミー・ジョセフ
リーチ マイケル
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ