SCORE CARDBACK NUMBER

前衛的プログラム続出の今季。
五輪2季前は表現力を伸ばせ。
~高橋大輔、宇野昌磨も新挑戦~

posted2019/09/22 15:00

 
前衛的プログラム続出の今季。五輪2季前は表現力を伸ばせ。~高橋大輔、宇野昌磨も新挑戦~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

8月の「フレンズオンアイス」で新プログラムを披露した宇野昌磨。激しさに溢れた演技を見せ観客を魅了した。

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 北京冬季五輪の2季前となる今季、異色のプログラム曲選びが相次いでいる。高橋大輔は、ロックナンバー「ザ・フェニックス」を選び、ビヨンセのダンスを担当した有名ダンサーに振付を依頼した。宇野昌磨のショートもサイケデリック系の「グレート・スピリット」で、激しいビートに乗って、頭や上半身を振り乱しながらの演技を披露。宮原知子のショートはエジプト調ヒップホップで、「自身の殻を破りたい」と意欲的だ。紀平梨花、坂本花織もジャズやロックを選んだ。

 フィギュアスケートの王道とも言えるクラシックやオペラを選ぶ選手が皆無なのには、訳がある。羽生結弦のコーチであるブライアン・オーサーはこう語る。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

高橋大輔
宇野昌磨
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ