バレーボールPRESSBACK NUMBER

遅咲きの不器用なセッター佐藤美弥。
初のW杯……1人で背負わなくていい。 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2019/09/18 08:00

遅咲きの不器用なセッター佐藤美弥。初のW杯……1人で背負わなくていい。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

韓国戦敗戦の責任を一身に背負っていた佐藤美弥。リオ五輪では代表メンバーから落選しているだけに、東京に懸ける思いは強い。

1人で背負うことなどない。

 あれから3年。

 一度は諦めかけていた五輪への挑戦を再び決意し、初めてワールドカップ出場を果たす。その過程には、肩の痛みを抱えながらもパス力の強化に励み、精度を上げるべくコンビ練習を何度も繰り返した日々がある。

 だが、それだけ努力をしてようやくつかんだとはいえ、世界との戦いは甘くない。

 敗れたロシア戦、韓国戦では、1試合目のドミニカ共和国戦で見せた日本の攻撃を封じるべく、サーブターゲットを明確にし、チャンスボールの返球位置で攻撃枚数を減らされ、選択肢がなくなった日本は、相手に多くのブロックポイントを献上した。

 その責任は決してセッターだけではない、と石井は言う。

「美弥さんのトスにはリズムがあるので、サイドのトスは打ちやすいです。でもレフトに偏りがある分、相手もブロックについているので、(コートの)外から見ている時はもうちょっとミドルが使えるかな、と思う場面がありました。

 だけど自分が実際に入ると、やっぱり『サイドに託してほしい』という思いもありますし、シャットされた場面も、自分がもう少し余裕を持てばリバウンドを取って切り返すこともできた。セッターだけでなく、スパイカーの責任もあったと思います」

 負ければセッターのせいで、勝てばアタッカーのおかげ。幼い頃からそう教え込まれてきたせいか、負けが先行する今、佐藤が「自分の責任」と背負うのは無理もない。

 だが、まだ試合は続く。

 今は悔やんでいいし、失敗だってすればいい。敗れる悔しさも、ボールを上げることすらできない痛みも乗り越えて、遅咲きの、不器用なセッターがようやくつかんだチャンスなのだから。

 1人で背負うことなどない。勝負はまだまだ、これからだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
佐藤美弥
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ