Sports Graphic Number WebBACK NUMBER

<ホッケー選手が見るさくらジャパン>
宇野昌磨の弟・樹が語るみどころ。
「代表は、細かな技術レベルがすごいんです」

posted2019/09/20 11:00

 
<ホッケー選手が見るさくらジャパン>宇野昌磨の弟・樹が語るみどころ。「代表は、細かな技術レベルがすごいんです」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

8月に行われた東京五輪のプレイベントで、強豪国相手にさくらジャパンは2位に食い込む。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 五輪種目の1つにホッケーがある。

 1908年から五輪の正式種目に採用されている歴史ある競技だが(女子は1980年から)、日本ではまだマイナー種目の域を出られずにいる。

 フィギュアスケーター宇野昌磨の弟・宇野樹は、中学入学時にホッケーに魅せられて足を踏み入れ、高校3年生の今日まで打ち込んできた。

 もともとアイスホッケーをしていた宇野は、ホッケーとの出会いをこう語る。

「入った中学にホッケー部があったんです。最初はなんとなく興味を持って入りました」

 特に大きな理由があったわけではない。しかし、そこに待っていたのは、今までにない魅力ある世界だった。

「スポーツはずっと氷の上で過ごしていたので、まずは陸上でのスポーツということが新鮮でした」

 取り組んでいくうちに、樹はホッケーという競技の魅力を次々に発見し、技術の奥深さに触れることになる。まず、他の競技と最も異なるのは、ホッケーがスティックという道具を使う競技だということだ。それゆえ、基礎的な技術の重要度が非常に高い。

「ホッケーでいちばん難しいのは、簡単に見えるボールを『止める』ことなんです。少しでも弾いたら相手チームに取られてしまうし、止め方がちょっとでもずれたら、ボールは後ろや左右、いろいろな方向に飛んでいってしまう。相当慣れないと止められないんです。少しでも浮いたりすると、さらにコントロールが難しくなる。サッカーとかだと、攻められないときは後ろでボールをまわしてチャンスを待つじゃないですか。でもホッケーであれをやると、高校生とかだとミスが出てしまいます」

【次ページ】 オフサイドがないホッケー、FWの役割。

1 2 3 NEXT
宇野樹
宇野昌磨
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ