相撲春秋BACK NUMBER

甲本ヒロト×元安美錦関の超対談。
音楽界と角界「理想の引退」の形とは。 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2019/09/18 19:00

甲本ヒロト×元安美錦関の超対談。音楽界と角界「理想の引退」の形とは。<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

熱狂的な大相撲ファンを自認する甲本ヒロトと元安美錦(安治川親方)の対談は、時に想定外の流れで展開する“超対談”となった。

甲本「数秒間が、ものすごくドラマチックだった」

――甲本さんは、安美錦関の相撲のどんなところがお好きだったのでしょう?

甲本「なにしろ、意外に思えるかもしれないんですけど、引退の最後の取組まで、立ち合いが力強かったんです。

 みなさん、安美錦関のことを語る時は、その多彩な技について言いますが、何よりも立ち合いに“パンチ”があるんですよ。それを見ると、『よし!』って思える。その日の勝った負けたじゃなくて、立ち合いで立った瞬間の安美錦関を見て、『よし!』って納得し、『うん、今日はいいもの見たな。うん、うん』とね」

安治川「うわ、ありがとうございます!」

甲本「最後までそうでしたよ。僕として面白く思ったのは、何回かケガをなさったのに、帰ってくるたびに立ち合いが強くなってる気がしたこと。きっとペース配分が上手な人なはずなのに、頭で全部行っちゃう感じ。それがすごいんです。勝手に見習ってますよ」

安治川「あはは。そうですね。『髪の毛が少なくなってきたんで、胸から当たろうか』なんて考えたこともあって、試してみたんですけどね。『やっぱり頭で行くしかないな』と途中で髪の毛は諦めました(笑)。引退する頃には、そっちの治療も発達してるだろうから、『ガンガン行こう!』と。髪はだいぶ薄くなってしまったけれど、頭からぶつかって行った証しだと思っています」

甲本「見てる人は喜んでました、励みになりました。取組ひとつ――そのほんの数秒間が、ものすごくドラマチックだった。力って、腕の力とか、どこの筋肉が発達してるからとか、いろんな力があると思うけれど、“魅力”という力もあると思います。“魅力”という力は、安美錦関がナンバーワンだと思いますよ」

安治川「ありがとうございます。そこまで言っていただけるなんて……」

 明日配信予定の第2回「『いいね!』は自分で自分に押せばいい」(有料会員記事)では、「安美錦ロスのあと、注目の力士は誰?」「音楽と相撲と――長く続ける情熱はなんだろう」と、縦横無尽にふたりが語り尽くし、対談はますます濃く、深みを増してゆきます。

<2017年春の雑誌記事転載 「甲本ヒロト×安美錦。土俵の上に「情熱の薔薇」を」>

<9月20日予定・第3回 「甲本ヒロト×安美錦。夢を叶え、夢の続きを見て生きよう」>

『PUNCH』

『PUNCH』

ザ・クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズの13thアルバム『PUNCH』が2019年10月9日リリース。「クロマニヨンズは最新作が最高傑作」という評判通りの凄まじい1枚に仕上がりました! さらに、全国ツアー「ザ・クロマニヨンズ ツアー PUNCH 2019-2020」が10月30日(水)からスタートすることも決定。店舗購入者特典や限定版、ツアーの詳細は、公式サイトのインフォメーションにて!

https://www.cro-magnons.net/info/

疾風!大相撲~新時代の力士たち~

Sports Graphic Number PLUS May 2017

疾風!大相撲
~新時代の力士たち~

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
安美錦
安治川
甲本ヒロト

相撲の前後の記事

ページトップ