スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

久保建英はマジョルカでどう輝く?
右サイドは激戦、適性はトップ下か。 

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/09/07 11:40

久保建英はマジョルカでどう輝く?右サイドは激戦、適性はトップ下か。<Number Web> photograph by Getty Images

第3節バレンシア戦で公式戦デビューを飾った久保建英。マジョルカの1年間で、どれほどのインパクトを残してくれるだろうか。

むしろ不安が攻撃面にある理由。

 むしろ不安は攻撃面にある。

 堅守速攻型のマジョルカにおいて、アタッカーに求められるプレーは中長距離のスプリントを繰り返しながら、素早くシンプルにフィニッシュに持ち込むこと。久保にも周囲を生かした連係プレーによる崩しだけでなく、単独での局面打開を求められることが多くなるはずだ。

 もちろん、それができないとは思わない。ただレアル・マドリー・カスティージャの練習試合では久保がボールを持つたびに最低2人のマークが付き、ファウルで潰されることも多かった。

トップ下で自ら打開していけるか。

 マジョルカでそこまでマークが集中することはないだろうが、レアル・マドリーほど周囲の素早いフォローが期待できない現チームにおいては、単独でマークをかいくぐる強引さも必要になってくるだろう。

 そのようなプレーができるようになれば、4-4-1-1のトップ下で起用するのも面白そうだ。

 よりゴールに近い位置でボールを受け、複数のマークを引きつけた上で周囲のアタッカーにラストパスを送る、もしくはワンツーによる突破で自らゴールをこじ開ける。久保の才能を生かすにはベストのポジションであり、4-4-1-1への移行もそれを見越してのことだと信じたい。

 いずれにせよ、まだシーズンは始まったばかりだ。代表ウィークのたびにチームを離れるハンディキャップもあり、当面は途中出場でのアピールが続くことになるだろうが、焦らず着実に信頼を勝ち取ってもらいたい。

Number985号「久保建英 18歳の冒険」では、工藤拓さんによる久保建英の密着ドキュメント「新天地でも懸命に」が掲載されています。ぜひご覧ください。
久保建英18歳の冒険。

Sports Graphic Number 985

久保建英18歳の冒険。

 

関連記事

BACK 1 2 3
久保建英
マジョルカ
レアル・マドリー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ