バレーボールPRESSBACK NUMBER

清水邦広が願う盟友との「現地集合」。
石川祐希らに伝える五輪で勝つ意味。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKiyoshi Sakamoto/AFLO

posted2019/09/04 20:00

清水邦広が願う盟友との「現地集合」。石川祐希らに伝える五輪で勝つ意味。<Number Web> photograph by Kiyoshi Sakamoto/AFLO

清水と福澤は同じ33歳の同級生。ライバルとしてもお互いの存在が刺激となっている。

どこか楽しそうな同級生コンビ。

 代表合宿では、練習前に清水と福澤が並んで、念入りに体を調整する姿がある。たとえば、専用のゴムバンドを脚に巻いて筋膜リリースをすることで、体の動きがスムーズになったり、疲れが取れやすくなるという。

 昨年から代表に復帰していた同級生の福澤は、「やっと痛みのわかる人が来てくれた」と笑った。

 昨年大怪我をした清水だけでなく、福澤も、昨シーズンのVリーグ中、膝に炎症が出て後半戦はほとんどプレーができなかった。33歳になった2人は、自身の体をコントロールする難しさを痛感している。

 福澤は、「通販番組でお年寄りの人用の膝痛予防のグッズとかを見つけたら、迷わず買ってしまう」と苦笑する。

 清水も、「年齢を重ねるごとに1個ずつ、体のメンテナンスの道具が増えていきますね。通販だったり、口コミだったり。練習前後にやらなきゃいけないことがどんどん増えていくんで、1日の練習がどんどん長くなる」と言いながらも、どこか楽しそうだ。

「最後、笑って終われるように」

 大学時代に共に代表入りし、一緒に北京オリンピック出場を果たした。大学卒業後は2人揃ってパナソニックパンサーズへ。パナソニックでも、代表でも、同じコートにいるのが当たり前だった。

「今、福澤と一緒に(代表で)できているというのは、僕にとっては本当に幸せなこと」と清水は噛みしめるように言う。ただ、このまま1年後の東京オリンピックまで、すんなりと行けるとは思っていない。

 今、2人の合言葉は、「オリンピックに、現地集合」だ。

「僕も福澤も、お互いに怪我も抱えているし、ポジション争いもある。僕たちはベテランの年齢で、必ず行けるという保証はどこにもない。その中で、東京オリンピックが開幕した時に、2人揃って現地で集合できたら、一番いい形なんじゃないかなと思う。そこに向かって、僕らは今一生懸命やっているので、最後、笑って終われるように、残り少ない時間を過ごしていきたいと思います」

 オリンピック行きを引き寄せるために。

 9月13日に開幕するアジア選手権と、10月1日から日本で開催されるワールドカップが、清水の正念場となる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
清水邦広
福澤達哉
石川祐希
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ