テニスPRESSBACK NUMBER

大坂なおみの純粋さは変わらない。
コービーに喜び、ファンと触れ合い。

posted2019/08/30 19:00

 
大坂なおみの純粋さは変わらない。コービーに喜び、ファンと触れ合い。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

会心のストレート勝ちで3回戦進出を決めた大坂なおみ。世界的アスリートも彼女の戦いぶりに注目している。

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 今日も大坂なおみは試合前のウォームアップの間、テニスをするには少々邪魔そうにも見えるジャケットを着用していた。

 気温は今週最高の28度まで上がっていたが、暑さ寒さは関係ない。自身のスポンサーであるナイキと、今や日本を代表するファッション・ブランドの1つとなった“sacai(サカイ)”のコラボレーション企画の顔として今大会に臨む大坂にとって、それを着てコートに立つこと自体が重要な仕事だ。

 チャンピオンになって、女王になって、コートで着るものも特別な<オンリーワン>になった。「アスリートっていうのはそんなにドレスアップする機会が多いわけじゃないから、そういうチャンスのとき私はめちゃくちゃ頑張っちゃう」というほどオシャレ好きの大坂にとって最高のご褒美のはずだった。

 そして、そのゴージャスな出で立ちにふさわしいテニスが、今日は確かに戻ってきたような気がする。

コービーたちが家族席に座るなんて。

 全米オープン2回戦、世界ランク53位のマグダ・リネッテに対し、大坂の強気のショットが深く鋭く突き刺さる。少々振られても大坂の切り返しのほうが有効で、多くのラリーを支配した。第2セットの序盤こそ0-3とリードを許したが、終わってみれば6-2、6-4。1回戦に要した時間の半分に満たない1時間11分で片付けた。

「すごくいいプレーをしていると感じるときがあったし、うまくいかないときもすぐに修正することができた。いい方向に進んでいると思う」

 第1セットの途中、突然ファミリーボックスに現れた人物たちも後押ししただろうか。NBAの伝説的スーパースターであるコービー・ブライアントと元NFLプレーヤーのコリン・キャパニック。ブライアントのほうは面識があり、大坂が<尊敬するアスリート>として名前を挙げるレジェンドだ。

「去年の自分を重ねてみたら、こんなことはありえない話。コービーやキャパニックが私の家族席に座るなんて。人生はほんとに誰と巡り会うかわからないわ」

【次ページ】 騒然とした会場に気圧されずに。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大坂なおみ
コリ・ガウフ

テニスの前後のコラム

ページトップ