オリンピックへの道BACK NUMBER

五輪内定、クライミング・野口啓代。
涙の裏にあった、進退をかける覚悟。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/08/25 11:40

五輪内定、クライミング・野口啓代。涙の裏にあった、進退をかける覚悟。<Number Web> photograph by AFLO

競技後には笑顔を見せながらも、時折こみ上げる喜びを噛み締めた野口。

スポンサーにも恵まれないなかで。

「クライミングをひとことで言うと、いちばん好きなもの。ふだん友達と遊びに行くときでも、絶対にクライミングのことは考えているし、登っていないときでも練習メニューとか感覚とか残っています。クライミングを考えていない日はないので、年間、毎日トレーニングしているイメージですね」

 そんな熱とともに真摯に積んできたトレーニング、誰よりも豊富な経験、そして覚悟。

 覚悟とは、世界選手権に懸けていた決意のことばかりではない。今日のような注目度がなく、スポンサーなど支援先にも恵まれない状況のなかでプロ転向を決めたことをはじめ、これまでの歩みそのものがそうだ。

最初で最後の大舞台。

 まさにこれまでの足取りが融合して生まれた力が発揮されたのが、世界選手権のボルダリングだった。野口ならではの真価を示した瞬間であったし、背水の陣を敷いていたからこその強さを思わせもした。

 念願のオリンピックの切符を現実のものとした今。

「ここから1年間、金メダルを目指して頑張っていきたいです」

 確固とした、堅実な歩みの集大成はどんな姿であるのか。

 最初で最後の大舞台を見据える。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

野口啓代
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ