ゴルフPRESSBACK NUMBER

恩師が明かす渋野日向子の高校時代。
一度だけ叱った「OLになります」。 

text by

石倉利英

石倉利英Toshihide Ishikura

PROFILE

photograph byToshihide Ishikura

posted2019/08/23 11:30

恩師が明かす渋野日向子の高校時代。一度だけ叱った「OLになります」。<Number Web> photograph by Toshihide Ishikura

作陽高校ゴルフ部の田渕潔監督。支援者が作成したという記念看板とともに笑顔で写真に収まった。

揺れる渋野に叱咤した田渕氏。

 渋野は2015年夏の全国高校ゴルフ選手権の団体戦で、2008年に続く同校2度目の優勝に貢献している。メンバー5人中4人が3年生で、唯一の2年生。そのうちの4人が出場し、2日間ラウンドして上位3人のスコア合計で争われる大会で、チーム3番目の成績を残した。

 3年生のときはキャプテンを務めた渋野に、田渕氏は「何かを言った記憶は、ほとんどない」と話すが、「一度だけ怒ったことがある」という。

 前述の通り成績も優秀だったので、高校卒業後は大学に進むのだと田渕氏は思っていた。だが本人は予想に反して「プロになりたいです」と思いを明かす。

「それはいい、自分で決めたのなら、いろいろな形でサポートするよ、と言っていたんです。それなのに……」

 渋野の心は揺れていた。

「1カ月後くらいに『やっぱりプロにはならず、ゴルフ場に就職して普通のOLになります』と言ってきたんですよ。迷っていたんでしょうけど、『自分で決めたのだから、頑張らないとダメだよ』と怒りました。ゴルフ部の後輩たちもプロを目指す渋野の姿を見て、頑張ろうとしていましたからね」

プロテスト不合格からのメジャー制覇。

 思い直してプロを目指したが、卒業1年目の2017年はプロテストに合格できなかった。

「落ち込んだ様子だったので、『そんなにスムーズにはいかないよ』『来年の合格を目指せ』と言いました」

 女子のプロテストに合格できるのは年間20人という狭き門だが、翌2018年に合格。今年に入ると5月にツアー初優勝、7月に2回目の優勝を果たし、8月に初の海外挑戦でメジャー初制覇を成し遂げた。あまりにも急激な上昇曲線に、田渕氏も驚きを隠せない。

「今回、初めて海外メジャーに出場するときも『頑張れよ』と言いましたが、何回かは挫折するだろうと思っていました。いきなり優勝するなんて、常識では考えられません」

【次ページ】 「切り替えの早さ」は昔から。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渋野日向子
作陽高校

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ