SCORE CARDBACK NUMBER

目指すは世界最高峰。
日本ラグビープロ化構想。
~清宮副会長「やるしかない」~

posted2019/08/16 07:30

 
目指すは世界最高峰。日本ラグビープロ化構想。~清宮副会長「やるしかない」~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

左から清宮副会長、境田正樹理事、松尾豊・東大教授、谷口真由美理事。松尾教授は人工知能研究の第一人者。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

「構想と言うより宣言です」

 力強く言い切ったのは、日本ラグビー協会の清宮克幸副会長だった。7月28日に開かれた「日本ラグビーの未来」と題したシンポジウムで「2021年秋から、新しいプロリーグを創設します」とブチ上げたのだ。

「目指すのは世界最高峰のラグビーリーグです。日本ではすでに世界のトップ選手がたくさんプレーしているし、今年はW杯が開かれる。すでに豊富な資産はある。これを活用して、南半球のスーパーラグビーとも連携して、フランス、イングランドのリーグと世界を二分するようなリーグを作りたい」

 明かされたプランでは、W杯終了直後の今年11月には具体的なフォーマットを確定させ、参加チームを募って審査を始める。'20年秋には「準備のできたチームで」プレコンペティションを行うという。野心に溢れた壮大なプラン。だが、唐突だな、急ぎすぎでは? と思った方もいるだろう。森重隆会長とともに、清宮副会長が就任したのは6月末だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 485文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。

関連記事

清宮克幸

ラグビーの前後の記事

ページトップ