ゴルフPRESSBACK NUMBER

ウッズが全英初日にワースト記録。
「今日は必死で戦い抜いた」 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/07/19 13:15

ウッズが全英初日にワースト記録。「今日は必死で戦い抜いた」<Number Web> photograph by Getty Images

タイガー・ウッズの不調は明白だが、彼ほど終盤に強いイメージがある選手もいないのだ。

一気に状態を上げる「無理」が利かない。

 不調の原因は、生涯4度の腰の手術を経てきた43歳の肉体の「現状」「現実」だとウッズは自己分析した。

「体が思うように動かなかった。動かせなかった。だからボールをしっかり捉えることが全然できなかった」

 それは、トレーニング不足なのか? 準備不足なのか? 出場試合数が少なすぎたせいなのか?

 試合にまったく出なかったこの1カ月、家族でタイへ旅行に出かけたウッズは「父親としての時間を過ごしていた」。

 練習もトレーニングも試合数もすべて不足であることは、ウッズ自身、痛いほどわかっている。だが、4月のマスターズで勝利を挙げて以降、彼の心身の疲弊はなかなか回復せず、万全の状態には今なお戻っておらず、無理が利かないのだと彼は明かした。

「たくさん練習したいし、試合に出たい。だが、そうすればするほど、僕が戦いの場に居られる時間は短くなっていく」

「だから試合数を抑えざるを得ない。少しでも長く、僕は戦いの場に居たいから――」

体が意志に反応する、という希望。

 午後遅いスタートだったウッズが長く苦しい初日のラウンドを終えたとき、現地時間はすでに午後8時を過ぎていた。2日目は午前の早いスタートになる。疲れた心身を癒す時間が取れぬまま、翌日の戦いを迎えることは、これまでウッズが当たり前のように、そして誰よりも見事に対処してきた戦いの一部だった。

 しかし、今のウッズには、それが大きな障壁になりつつある。

「明日、僕の体が僕の意志にきちんと反応してくれることを望むばかりだ」

 ウッズのそんな言葉に悲哀が感じられた。

【次ページ】 必死で戦い抜いた1日目の姿を信じて。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ