オリンピックへの道BACK NUMBER

「1人で僕はできると思っている」
宇野昌磨、自分のスケートを探しに。
 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2019/07/21 09:00

「1人で僕はできると思っている」宇野昌磨、自分のスケートを探しに。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

15日に公開された全日本フィギュア強化合宿の練習。当面の間、拠点は中京大だが、9月にはスイスで合宿に参加する予定だ。

海外の振付師にプログラムを依頼。

「配慮」もおそらくはある。

「もうすぐシーズンに入る中で、急に『大会に帯同してください』と言うのが申し訳ないというか。言われてもどうしたらいいか分からないと思いますし、もっとゆっくり、そこに拠点を置いて練習した上でお願いできたらと思います」

 可能になったこともある。これまで、試合でのプログラムはそのすべてを樋口氏が手がけてきたが、それを変更し、海外の振付師に依頼することも発表した。ショートプログラムはシェイリーン・ボーン、フリーはデイビッド・ウィルソンになる。

「試合では毎年、すごく大きく変えたプログラムをやってこなかったので、今までとはガラッとかわったスケートをやるのが楽しみです」

「美穂子先生のいいところもあればデイビッドさんやシェイリーンさんのいいところもある。選手1人ひとりに個性があれば、振付師にも1人ひとり個性があると思います」

 ロシアでの合宿なども含め、世界は広がった。今後のために、貴重な機会になり得る。「1人」だからこそ、差し伸べられる手もあるだろう。

 異例のスタンスで進むシーズンは、新たな場へ進むための、そしてまだ見ぬ自分へと出会うための時間でもある。

関連コラム

BACK 1 2 3
宇野昌磨
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ