ゴルフPRESSBACK NUMBER

マキロイが16歳で「61」を記録!?
今年の全英コースは「誰も知らない」。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/07/17 17:00

マキロイが16歳で「61」を記録!?今年の全英コースは「誰も知らない」。<Number Web> photograph by Getty Images

地元アイルランドでの全英オープンに、マキロイは誰よりもモチベーションを上げているに違いない。

選手の大半が「見たこともプレーしたこともない」。

 だが、この地で全英オープンが開かれることが決定したのは、それから2年後の2014年。そして、同コースは伝統溢れる全英オープンにふさわしい舞台づくりをするために隣接コースの2ホールを新たに組み入れ、ロイヤル・ポートラッシュの装いは一新されている。

 つまり、今年の全英オープンに挑む156人の出場選手たちの大半が、現在のロイヤル・ポートラッシュを「見たこともプレーしたこともない」という状態で現地へ乗り込んできた。

 一体どんなコースで、どんな難しさが潜み、どうやって攻略したらいいのか。蓋を開けてみるまで、まるでわからないという手探りの中での臨戦になる。

 だが、そもそもゴルフは何が起こるかわからないゲームであり、気まぐれな海風に翻弄されるリンクスコースでの全英オープンは、いつだって何が起こるかわからない戦いである。その意味では、ロイヤル・ポートラッシュで迎える今年の全英オープンは「これぞ、原点回帰だ」と喜んでいる選手もいる。

 昨年大会を制したイタリア人のフランチェスコ・モリナリは、その1人だ。

全英は1年の締め括りになった。

「長い間、全英オープンが開かれなかったロイヤル・ポートラッシュでディフェンディング・チャンピオンとして戦えることが何よりうれしい」

 米ツアーの日程が大幅に変わった今年、8月に開催されていた全米プロが5月へ移ったため、7月の全英オープンはメジャー4大会の中では1年を締めくくる「最後のメジャー」という位置づけになった。

 スペイン出身の新鋭、ジョン・ラームは、そのことを喜んでいる。

「全英オープンは4つのメジャーの中で最も歴史があり、最も伝統に溢れ、欧州ツアーの選手にとっては、最も重要で最も勝ちたい大会だ。全英オープンこそがメジャーシーズンを締め括る存在であるべきだ。ようやく、そうなってくれたことが僕はうれしい」

【次ページ】 ウッズ「今はゴルフより大切なものがある」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フランチェスコ・モリナリ
ジョン・ラーム
タイガー・ウッズ
フィル・ミケルソン
ロリー・マキロイ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ