Number on NumberBACK NUMBER

ツインズの本塁打量産。
~本塁打王の本数は実は横ばい~

posted2019/07/04 15:00

 
ツインズの本塁打量産。~本塁打王の本数は実は横ばい~<Number Web> photograph by AFLO

ツインズのエディー・ロザリオ。2017年の27本が本塁打のキャリアハイだが、今季は優に越えるペースだ。

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 米大リーグで本塁打が増えているというのは、すでにはっきりした傾向として出ていることだが、2019年はすごい記録を残す1年になりそうだ。ただ、記録と言っても個人の記録ではなく、チームとしての本塁打の記録だ。米大リーグでは、個人の年間記録としては、最近10年間で、60本塁打以上を打った選手はいないが、チームの本塁打は増えてきている。年間で200本塁打以上を記録したチームが、'10年から'15年までは、ずっと5チーム以下だったのが、'16年に12チームに増えると、'17年が17チーム、'18年が11チームとなって、本塁打が重要な得点源となっているチームが増えてきた。'19年は、18チーム以上が200本塁打以上を記録する勢いとなっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1649文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ミネソタ・ツインズ

MLBの前後のコラム

ページトップ