Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<平成のホームラン王>
アニキが476本から選んだ「俺ベスト」。

posted2019/06/26 15:00

 
<平成のホームラン王>アニキが476本から選んだ「俺ベスト」。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

平成の31年間で最も多くの本塁打を放ったのは、「アニキ」こと金本知憲だった。その数、476本。ファンの記憶に残るアーチを数えればキリがないが、本人も認める一発とはどんなホームランなのか。珠玉の3本を挙げてもらい、その哲学に迫った。(Number980号掲載)

 太い。厚い。シャツの上からでも二の腕や肩や胸まわりが隆起していることがわかり、それがあの頃と変わらず“鋼鉄製”であることをうかがわせる。

「バットが重いわ(笑)」

 ご冗談を――。巷のうわさでは現役引退後も呼吸するのと同じレベルで筋トレを続けているというではないですか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4278文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

金本知憲
広島東洋カープ
阪神タイガース

プロ野球の前後の記事

ページトップ